なんでボクが「うつ病」?…ヒロ☆ムシのあ・く・び・の世界

なぜ、自分が「うつ病」になったのかわかりませんが、自分の今の症状などを伝えることで、連帯の中での情報を収集させていただきたいと思います。

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

ご来訪ありがとうございます

プロフィール

ブログU2

Author:ブログU2
やさしさだけがとりえの「ボク」です。
本当は「わたくし」を使わなければならない年齢ですが、親しみを持っていただくために、やわらかい単語と文章構成で書き綴っていきたいと思います。
 平成23年度の異動先所属で【抑うつ状態】となり病休・休職を経て、1年間で退職・リタイアしてしまったボクの、エッセイもまじえての闘病記録です。
 また、我が家は『金光教 (こんこうきょう) 』の信徒として、生活の中に信心をいただいており、文中にも御教えの一部を縷々綴らせていただいています。

【家族構成】
ボク、愛妻、長男(同居)、二男夫婦と孫(県外)、長女(県内)、
3軒隣に面倒見のいい長姉夫婦が居住

FC2 ブログランキング

にほんブログ村

人気ブログランキング



BlogPeople

JRANK

ブログランキング JRANK

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

《トーナメント参加中です》

◎よろしく応援お願いします
※ただいま休憩中

♪♪

「あし@」de「あしとも」

ひろがるぶろぐ

ご利用ください

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手のひらを合わせて…

[369]

 「今井雅之」さんが亡くなられた後、漫才師の「今いくよ」さんが67歳で亡くなられましたね。「いくよ・くるよ」さんのコンビは大ファンだっただけに、とても残念です。昔は「海原お浜・小浜」さんのコンビとか、「海原さおり・しおり」さんといった女流漫才が大好きで、機会が有ればテレビにかじりついていました。「今いくよ・くるよ」さんのお師匠さんの漫才も、大きな男性と小さな女性というコンビで、それは楽しいものでしたけど、「いくよ・くるよ」さんも絶妙のコンビと言っても過言ではないかなと思っています。

 このようにいろいろな人の訃報を聞く中で、遂にボクたち夫婦の身の回りにも悲しいお報せが届いてしまいました。
 妻の高校時代の同窓生で、隣に住むボクの従兄の義理の姉に当たる方が、原因不明・病名不明のまま還らぬ人となってしまいました。
 それはもう元気な元気な、体格も人間性もいい女性でしたが、62歳という短命で生涯を終えられてしまいました。
 最期は、食事もできずに面会謝絶ということらしかったですが、人間の寿命というものは自分で操れるものでもないのは分かっていても、もう少し生きたかったことでしょう。
 やり残したこと、随分と有ったと思います。ご本人の無念さが、心根に響いてきます。
 改めまして《合掌》。

 翻って現在のボク。体力的には弱々しいながらも生命をいただき、食物もいくらかはのどを通ります。昨日は妻が買ってきたアンコぎっしりの大きな鯛焼きを1枚、久し振りに食べさせていただくことができました。
 まだ、白いご飯は食べられません…食べたいという気がわいてきません…けど、代わりの食べ物は何とか食べられます。有り難いことです。
 今度は<カロリーメイト>の焼き菓子タイプに目を向け、通販でまとめ買いをしてしまいました。とりあえず、カロリーは補給したいという観念が先行しています。

 でも、お腹がイッパイになるという感覚には程遠い状況であり、腹に力が入りません。
声もかすれ気味だし、息も続きません。教会で拝詞を唱える時、家でご祈念する時、息継ぎの多いこと多いこと。自分でも、わびしくなってしまいます。
 もう2㎏、いやもっともっと脂肪と筋肉付けて5㎏増やして、足取りも軽やかに歩き回ってみたいものです。
 きょうは〔フライデー〕だから、またまた「かにクリームコロッケ」を買ってきてください、と妻に頼んであります。少しでも重さのある食べ物を体内に入れることで、体重を増やしていきたいと、単純に考えているボクです。

 母親は肺炎で入院し、当初は点滴のみで、その後、一時的に普通食になりましたが、嚥下がやや困難なことから、現在では鼻腔からチューブを通しての経管栄養となっています。
 本人にすれば、これも大変だろうと思いますが、病院としては何とかして栄養を摂取させないといけないという治療であり、やむを得ないのかなーと、申し訳ないと感ずるところです。でも、本人に生命力が無ければ栄養も吸収できませんよね。
 2か月を経過して、病状も少し安定してきたようで、病院側から転院の折衝があり、たったいま次の病院との打ち合わせの連絡が入りました。今度の病院は、療養型併設病院ということですが、どれぐらいの期間であずかっていただくことができるのでしょう。
 在宅では、とても対応できません。「どうぞよろしく」と手を合わせて、お願いいたします。






 
 
 
 
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://u2noboku.blog.fc2.com/tb.php/376-4258a6b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △

 トーナメントの成績報告です
 △ ▽ △ ▽ △ ▽ △

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

i2i

VPSサーバー

SINCE 2012.11.02

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED
本日: SEO対策はUNFINISHED
昨日: メール配信はUNFINISHED

アクセスアップはUNFINISHED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。