なんでボクが「うつ病」?…ヒロ☆ムシのあ・く・び・の世界

なぜ、自分が「うつ病」になったのかわかりませんが、自分の今の症状などを伝えることで、連帯の中での情報を収集させていただきたいと思います。

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

ご来訪ありがとうございます

プロフィール

ブログU2

Author:ブログU2
やさしさだけがとりえの「ボク」です。
本当は「わたくし」を使わなければならない年齢ですが、親しみを持っていただくために、やわらかい単語と文章構成で書き綴っていきたいと思います。
 平成23年度の異動先所属で【抑うつ状態】となり病休・休職を経て、1年間で退職・リタイアしてしまったボクの、エッセイもまじえての闘病記録です。
 また、我が家は『金光教 (こんこうきょう) 』の信徒として、生活の中に信心をいただいており、文中にも御教えの一部を縷々綴らせていただいています。

【家族構成】
ボク、愛妻、長男(同居)、二男夫婦と孫(県外)、長女(県内)、
3軒隣に面倒見のいい長姉夫婦が居住

FC2 ブログランキング

にほんブログ村

人気ブログランキング



BlogPeople

JRANK

ブログランキング JRANK

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

《トーナメント参加中です》

◎よろしく応援お願いします
※ただいま休憩中

♪♪

「あし@」de「あしとも」

ひろがるぶろぐ

ご利用ください

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めまぐるしい1年でした。

[376]

 もうすぐ2015年が終わってしまうだなんて、まるで夢のよう。
 あっという間の、日々の積み重ねでした。

 でも、こうして、ここまで生きてこられて、きょうも第三者に頼りつつも4日ぶりに「お便りさん」が有って、糞詰まりの状況にならなくて良かった…と安堵で胸をなでおろしている自分がいます。
 食べられない、食べたくない、食べない…どれか分からないけど、胃がとても小さくなっている感じで、少し食べただけで胸がつかえる感じがします。
 それに比例するのか、反比例するのか分からないけど、便通が遠ざかっていくのですね。
 いま、第三者的に愛用しているのは「毎日スッキリ茶」という商品。これを2日もしくは3日おいて飲用し、自分の日程と調整しています。基本は、便を柔らかくする成分が含まれていて、3分~5分の間隔で濃さで調節もできるので、状況を見て加減します。
 通常の食事を摂っていれば、ある程度の水分が補給されるのですが、ボクの現在の食事状況では水分不足に陥ることが多く、便がコロコロの状態になってしまうのですよね。これ、お腹を触っていると、とてもよくわかるのです。お腹と、背中がくっつくほどに脂肪も筋肉もない、現在のボクのペッシャンコお腹だから。

 さて、タイトルに示してありますように、食う・食わないを含めて、本当に目まぐるしい1年でした。

 2月に父親の30年祭を済ませて、やれやれと思っていたら、3月の下旬に今度は97歳の母親が「肺炎と心不全」で救急車で運ばれる事態となりました。それも、ショートステイで預かってもらっている途中の出来事で、ほんと面喰いました。
 たまたま、2人の姉が面会に行った時の出来事で、1人が直ちに救急車への乗り込みをしてくれて救われました。妻も仕事に出た後で不在だったので、ボクだけ急いで、病院へ駆けつけました。
 初めての病院だったので、検査の連続で相当の時間を要し、病室へ運ばれた時は、3人とも疲れ切っていましたね。
 
 その後、この病院で2か月余の間、お世話になり、6月の初旬に次の病院に転院することになるのですが、その間に面会に向かうボクは交通事故を起こしてしまい、相手方に負傷を負わせることになるのです。
 ぶつかった瞬間、何が何だか分からなかったけど、「あー、やってしまった。」だけだったのです。
 警察へ連絡して、現場検証を済ませて、自分の車もレッカーで修理工場へ移動させなければいけないし、で病院へは行けないし。病院へ行かなければよかったのかな…と、後悔しても後の祭りでした。

 そして、様々な経過を経て12月を迎えたのですが、最終的な人身事故の示談交渉を持ち相手方から賠償金の上乗せ提示を受けて保険会社に対応をお願いして別れた日の午後、母親の入院先から緊急電話が入り、呼び出しを受け、主治医からは「ここ2~3日の内に、大きなイベントが有るかも知れない。」と聞かされ、不安を抱きながらも母親の顔を見て帰ってきました。
 今夜は大丈夫かなーと思いながら床につきましたが、少し寝入ったかなと思うくらいの時間に携帯が着信し、「直ぐに、来てください。」との連絡。半分寝ぼけながら車を飛ばし、病院へ駆けつけたものの、夜間出入り口をウロウロ探している間に時間が経過し、病室にたどり着いた時には既に遅しで、夜勤の看護師さんから「たった今、心臓も止まりました。」という言葉でした。
 
 当直医の死亡確認は、12月8日午前零時14分でした。それからは慌ただしく時間が展開し、身内の了解を得て、家族葬の形式で、その日のうちに通夜を行い、翌日の告別式という段取りで葬儀の手配を済ませました。
 母親の遺体を見ていても、また、遺骨になった状態になった今でも、悲しいという感情は一切湧いてきませんが、これで良かったのかなと、自分を責めることもできずにいます。

 母親の死亡という出来事と前後して、交通事故の示談も成立が完了し、肩の荷を降ろして新しい年を迎えることができますが、どこかで何かが作用している…と感じずにはいられない展開でした。ありがたい結末です。

 母親の遺品の整理をほぼ終え、こうして久し振りにブログに向かっています。
 でも、葬儀会館での告別式の日、昼食は全く口に入れられなかったのに加え、休憩の合間にトイレに駆け込み、前夜の食事の一部と朝の食事の全部を戻してしまうこととなり、その夜に体重計に乗ったら1㎏減っていました。
 「えー、ボクの体重はどうなってしまうのだろう。」と、嘆くしかなかったあの日。

 その後、徐々に体重も復活し、少しずつ食べられる量も増えつつありますが、舌の感覚の変化が著しくて、受け入れる食べ物が目まぐるしく変貌を遂げています。
 いま、甘酒に凝っていて、いろいろな種類の甘酒を飲み比べています。
 これからの年末年始、主食はお餅をいただくことになりますが、これもどこまで続けられることか。お節料理は多分、口に合わない食品が多いのではないかと予想しています。

 正月太りなんて、夢のまた夢です。
 では、来年もよろしく。







 
 
 
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://u2noboku.blog.fc2.com/tb.php/383-c0ca6d00

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

△ ▽ △ ▽ △ ▽ △

 トーナメントの成績報告です
 △ ▽ △ ▽ △ ▽ △

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

i2i

VPSサーバー

SINCE 2012.11.02

累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED
本日: SEO対策はUNFINISHED
昨日: メール配信はUNFINISHED

アクセスアップはUNFINISHED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。